2017年05月31日

待機児童ゼロ先送り

人気ブログランキングに参加しています。



2017.0531-1.JPG
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170531-00000006-asahi-pol
「待機児童ゼロ」3年先送り 今年度末の達成は絶望的

認可保育施設に入れない待機児童を解消する時期について、安倍政権は3年遅らせて2020年度末とすることで最終調整に入った。現在は17年度末までに「ゼロ」にする目標を掲げているが、今年4月時点でも待機児童は多く、達成は絶望的だ。安倍晋三首相が31日にも表明したうえで、政府が6月にまとめる「骨太の方針」に盛り込む。

http://girlschannel.net/topics/1201787/

8.
まぁ、ぶっちゃけ、無理だろうね。
根本の原因は、「男だけの給料じゃ生活できない」家庭が多すぎることと、「保育士になりたい」と思えるような給料じゃないこと。

どちらかというと、乳幼児時代は家庭でみて、
子供が小学校に入ってからちゃんと正社員に戻れる制度にした方が有用だと思う。

14.
だから、保育園の充実じゃなくて、幼稚園に入れてから社会復帰しやすい制度にした方がいいって。

25.
このご時世に無理だよ。
結果、少子化



ここ10年で世の中の子育て事情が大きく変わってしまいました。

お子さんが3人以上いる方で兄弟の年齢差のある家庭の人なら

この違いがよくわかると思います。

メディアや雑誌も大きく変わってしまいました。

10年ほど前なら乳幼児がいる主婦向けの雑誌は

子供を赤ちゃんから保育園に預けてというような記事は

なく、旦那さんの給料でいかに節約して家計を乗り切るか

これの裏技みたいな特集をやっていたものです。

ところが今は0歳から子供を保育園に預けて母親は

フルタイムでの仕事をするという家庭の紹介ばかりで

働かないといけないような圧力を感じるように仕向けられて

しまっています。

政府とメディアは繋がっていますから小さい子供がいようが

母親は働いて税金を払ってもらうようにさせようと

しているのです。

頭のいい子育て世代の家庭は、田舎に移住して

自給自足で子育てを楽しんでいる人たちとかいます。

奈良では空き家を無料で貸してくれたりして住みやすい

と聞きました。

今は生き方が多様化していますので、お金を追いかけ

なくても生きていく方法なんていくらでもあります。

みんなと同じ生き方をする必要などないんです。

自分がいいなと思う生き方をすることが一番です。

無理な頑張りはしない事です。


人気ブログランキングに参加しています。

posted by ゆうき at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450384714
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック